ニュースと出版物
2019上海浦江知的財産権国際フォーラムに華誠が出席した
2019-04-22 発表者:华诚小編

2019年4月19日及び20日、第七回中国(上海)国際技術輸出入取引会2019年上海浦江知的財産権国際フォーラムは万博展覧館一号会議室と張江高科技園区康橋先進製造技術創業園で盛大に行われた。


4月19日、万博展示館一号会議室で挙行したフォーラムは「知的財産権の創造、保護と運用を強化し、革新駆動発展を促進する」というテーマについて深く検討した


微信图片_20190422111641.jpg


開幕式に中国知的財産権研究会会長、国際保護知的財産権協会中国分会会長、中国国家知的財産権局元局長、党組書記の田力普、上海市科学技術協会主席、上海市突出貢献専門家協会会長、中国工程院士の陳賽娟、国家知的財産権局発展研究センター主任の韓秀成、国際保護知的財産権協会中国分会事務総長の李毅、上海市中小企業発展サービスセンターの副主任の顧月明など指導者が出席し、あいさつした。フォーラムは中国(上海)国際技術輸出入取引会技術貿易専門家、上海市知的財産権局元副局長の洪湧清が司会した。


微信图片_20190422112808.jpg


フォーラムの開会式が終わった後、基調講演と特定討論を行った。特定討論は「知的財産権の創造、保護と運用を強化し、革新駆動発展を加速し、国際一流の経営者環境を建設する」に関して、展開した。華誠高級顧問の楊煜は第二のテーマ討論に参加した。ゲストはテーマを中心に、多レベル、多角的な視点から検討した。本フォーラムの進行中、聴衆は時々質問をして、熱烈な反響があった。


微信图片_20190422111651.jpg


4月20日、上海浦江知的財産権国際フォーラム第2回外交部南南協力促進会上海事務所の標札式は張江ハイテクパーク康橋先進製造技術創業園で盛大に行われた。


微信图片_20190422111114.jpg


南南協力推進会長、全国政協外事委員会元副主任委員、全国政協原新聞スポークスマン、中国外務省元副部長の呂新華、全国政協常務委員会、民建中央副主席、上海市政協副主席、上海市民建市委員会、市社会主義学院長、上海公共外交協会会長の周漢民、及び多数の市、区役所の指導者と一帯一路の沿線の国家から来た43名の駐総領事たちが共同で出席し、上海事務所の掲示式を目撃した。


参加者が上海は全国改革開放の先頭であり、浦東はまた世界的な影響力を有する科学開発センターを建設する事業所、コア地区であると発表された。南南協力促進会上海事務所上海浦東に設立することは必ずこれらの重大な歴史任務を完成するルートを広げて、資源をもたらして、活力を創造して、影響を拡大する。南南協力促進会上海事務所は上海、浦東の発展建設の成績と貢献を期待しています。


微信图片_20190422111049.jpg


その後、ゲストは中国企業が如何に成功的に国を出たかについて、特別討論を展開し、特別討論は華東政法大学知的財産権学院の院長、知的財産権研究センター主任の黄武双教授が司会した。華誠法律事務所パトナーの楊軍、上海弼興法律事務所主任の薛琦、上海市人民検察事務所高級検事の楊建鋒、上海大学知的財産権学院長の許春明らはフォーラムで自分の観点を発表した。




一部の文字の出所:今日のトップの特集報道

写真の出所:上海浦江知的財産権国際フォーラム図文生放送


当事務所のウェブサイトの内容は一般情報の提供を意図するものです。本ウェブサイトの内容は弁護士とクライアント間で法律上の代理関係を形成するものでも、特定の案件の法律アドバイスを提供するものでもありません。ウェブサイトの利用者は弁護士から専門的な法律アドバイスを入手しなければなりません。特定な係争等の事実または状況がある場合、適切な法律またはその他の専門的アドバイスを取得せず、当事務所のウェブサイトの情報に基づいて行動を起こしたり、起こすことはお控えくださるようお願いします。

© Copyright 2000-2015 All Rights Reserved | 原版icp備15028801番だった プライバシー方針 | フィードバック

沪公网安备 31010402001317号

Lin