ニュースと出版物
市場監督管理総局が行政処分手続及び聴聞弁法を明確に
2019-02-13 発表者:华诚小編

先ごろ、国家市場監督管理総局が「市場監督管理行政処罰手続暫定規定」(以下、「規定」という)及び「市場監督管理行政処罰聴聞暫定弁法」(以下、「弁法」という)を発表し、いずれも2019年4月1日から施行される。

「規定」は合計7章79条からなり、そのうち、行政処分(中国語:行政処罰、以下同様)の一般手続については、「規定」にて次のことが明確にされている。市場監督管理部門は、監督検査の職権に基づいて、又は行政申立、通報などを通じて発見した違法行為の手掛かりについて、手掛かりを発見した日、又は該当書類を受け取った日から15営業日以内に審査を行って、市場監督管理部門の責任者が立件するか否かを決定しなければならず、特別な事情がある場合には、市場監督管理部門の責任者の承認を得て、15営業日延長することができる。「弁法」は合計6章35条からなり、聴聞の申請及び受理について、「弁法」では、市場監督管理部門は、「生産停止、営業停止を命じる」など4つの情状に行政処分の決定を出す前に、当事者が聴聞を申請する権利を有することを当事者に告知しなければならないと規定している。

(出所:国家市場監督管理総局)

当事務所のウェブサイトの内容は一般情報の提供を意図するものです。本ウェブサイトの内容は弁護士とクライアント間で法律上の代理関係を形成するものでも、特定の案件の法律アドバイスを提供するものでもありません。ウェブサイトの利用者は弁護士から専門的な法律アドバイスを入手しなければなりません。特定な係争等の事実または状況がある場合、適切な法律またはその他の専門的アドバイスを取得せず、当事務所のウェブサイトの情報に基づいて行動を起こしたり、起こすことはお控えくださるようお願いします。

© Copyright 2000-2015 All Rights Reserved | 原版icp備15028801番だった プライバシー方針 | フィードバック

沪公网安备 31010402001317号

Lin